スポンサードリンク

2007年04月06日

他国の栄養士

「栄養士」は世界中で活躍されています。

現代のアメリカでは、肥満が大きな社会問題となっており、それに対応する栄養士の役割は大きなものです。

アメリカの栄養士は「登録栄養士」と呼ばれています。栄養士登録委員会が認定する試験に合格し、登録しなければその資格は得ることができません。
日本では管理栄養士の試験に一度合格してしまえば、一生の資格として働くことができます。しかしアメリカでは5年毎登録の更新が必要で、栄養士としての能力が常に新しいものであるよう、制度が組まれています。

   
posted by jewi at 20:16 | 栄養士の予備知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。